As time goes by

 
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 希望ナンバーで名義変更にチャレンジ その1 | main | ソフトバンクが携帯参入へ 孫社長「低価格を実現」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画★★☆☆☆ リターナー
returner

「リターナー」


監督 山崎貴
出演 金城武、鈴木杏、樹木希林、岸谷五朗




もう2年前になりますね。劇場でも見たんですが

先日テレビで放送していたのでついでに。


金城武が日本語がんばってたのですが、
口語で話そうとすればするほど不自然な日本語になってしまうのが
なんとも可愛げがあってほのぼのしたムードを作っています。


ところでこの作品
山崎貴監督の好きなモノ

車やバイク、
ガンダムとか、変形ロボとか、
宇宙人とかタイムトラベルとか、

そういったものが大好きなのがとてもよく伝わってきます。


これら少年の大好きな要素を、
日本の映像技術の向上によってこれまでなかったラインまで表現しています。

監督の持っている表現力は目いっぱい出せていると思うのですが、


「SF映画」として厳しい目でみると、

全部想像できる範囲の中に納まってしまってるところが残念なところです。


宇宙人との接触、タイムトラベルのロジックなど、

SFの醍醐味である”フィクション”の部分があまりに不足。
または少年漫画じみてしまっていて、

物語の進行も「戦隊もの」の域を出ていません。



この監督、「ただカッコイイ映像が撮りたかった。」

だけなんじゃないか・・・と憶測してしまうのです。


でもこんな作品がテレビであっさり見ることができてしまう
今の子供がうらやましい。



まあ、
次回作に乞うご期待、でしょうか。

| movie | 02:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 02:09 | - | - |









http://147.jugem.jp/trackback/52
「リターナー」
リターナー『リターナー』(''Returner'')は、2002年の日本映画。8月31日公開。VFXを多用したSF映画、またアクション映画である。2000年の『ジュブナイル (映画)|ジュブナイル』に続く山崎貴監督の監督第2作。.wikilis{font-size:10px;color:#66666
| 映画の缶詰 | 2007/02/11 9:48 PM |