As time goes by

 
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「明和電気展」に行ってみる | main | カーコーティング施工! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画 ★★★★★ 「コラテラル」
collateral

「コラテラル」


監督 マイケル・マン
出演 トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス 、ジェイダ・ピンケット=スミス 、マーク・ラファロ 、ピーター・バーグ




「ヒート」のマイケル・マン監督、トム・クルーズ主演ののサスペンスドラマです。


この監督の独特の男くさいというか哀愁漂う作品のタッチがいい味を出していて、私は結構好きです。

音楽による静と動の使い分け、ミラーや鏡越しに映る被写体や表情、
劇中に挿入されるコヨーテが道を横切るシーンによる投影、

言葉を使わない、心象の「表現力」は劇場の大画面、大音量で見るとなかなか圧倒されるものです。


そして微妙な感情のニュアンスをトム・クルーズ、ジェイミー・フォックスがいい表情で表現しているのです。

年齢を重ねる毎にトム・クルーズも演技に味が出てきてますね。


タイトルを”トム・クルーズのコラテラル”にしてもいいくらいのトム一色の作品になっているので鼻に付く人は鼻に付くかもしれません。

ラストもあまりにありきたりと言えばありきたりのもので、

タクシードライバーと殺し屋との間の微妙に密接な関係から、
意外な結末が期待されたのですが・・・

いや、下手にひねらないほうが正解なのかもしれません。



何はともあれ、
なかなかの良作だと思います。私は好きです。

| movie | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:46 | - | - |









http://147.jugem.jp/trackback/73